代替医療 代替医療

日本国内における代替医療の考え方


代替医療の現実

代替医療に携わる医師のほとんどが、手術、放射線、抗がん剤では限界があることを知って代替医療の世界に飛び込んできます。しかし大病院などで三大標準療法に取り組み、代替医療を否定している医師がいるのは残念に思います。中には敵対している医師もいるほどです。代替医療の中には、怪しい治療を行っているクリニックも確かに存在します。しかし三大標準療法でがんが良くなるケースもありますが、良くならないケースも当然あるので代替医療が存在しているのです。敵対する医師が本気で代替医療の隅々まで勉強、実践されることにより、互いの良いところを組み合わせた患者様ファーストのより良い治療ができるはずです。まず、自分ががんになったときに、その治療は受けたいと思う治療なのか?というところが一番大事であり、自分が受けたい治療を患者さんに勧めるのがまさしく患者さんを一番に考えたやり方ではないでしょうか。

そして、不思議なことにそういった医師は代替医療のことをほとんど知りません。少なくとも医師であれば、通常医療であれ、代替医療であれ、さまざまな治療方法を知っておかなければなりません。その上で、代替医療の治療実績や科学的根拠を指摘するのであればまだ理解はできるのですが、代替医療を否定する医師は代替医療を知るための行動すら取っていないのが現状です。そういった医師は代替医療のことをなぜ知ろうとしないのでしょうか?

通常医療に見放された患者の末路

代替医療はしばしば「エセ医学」などと揶揄されます。藁にもすがる思いの患者に対し、根拠のない高額な治療を施したり、更に通常医療を否定し適切な治療を受けさせなかったために手遅れになったなどと勝手なイメージや解釈から、まるで悪であると吹聴されてしますのです。これはまったくの誤解です。

先述の通り、たしかに一部では怪しい治療、高額な治療、根拠の乏しい治療を推奨、強制するようなクリニックも存在します。しかし医療に限らずどのような分野においてもそのような存在はあり、当然、糾弾されるべき存在です。代替医療=悪というようにひとくくりに一般化するのではなくそれぞれに対して適切な警告ないし注意喚起をするべきではないかと思います。

大事なのは方法論や善悪論争ではなく、患者自身が回復することです。少しでも可能性があるものを試したり勉強することのなにがいけないのでしょうか。事実、通常医療では改善せずどうにもならなくなってしまった「手遅れ」の状態になってから代替医療をやっと試される患者が後を絶ちません。治るものも治らなくなってから、信じた医療にサジを投げられる患者の気持ちを考えれば、もっと早く来てほしかったというのが本音です。

通常医療と代替医療どちらかだけしか受けないほうが良いとか、一般的な治療の妨げになることをやった方が良いということではなく、治癒の可能性を少しでも広げるために案に否定せず協力するべきではないかと考えます。

代替医療は決して高額ではない

代替医療はまだ国に認められていない治療なので、保険診療ではなく、自由診療のカテゴリーに含まれます。そのため全額自己負担です。通常医療に比べて決して高額という訳ではないのですが、全額自己負担になるので高額であると思ってしまいます。ですが、保険診療で使っている「オプジーボ」などの抗がん剤は、実は1,000万円単位でお金がかかる薬なのです。それが国民健康保険を使って自己負担額3割の300万円になり、そこに高額療養費制度が適用されてやっと月の負担額は10万円以下になります。それでも治療が長引けば年間で100万円弱ものお金が掛かってしまいます。

自由診療の扱いになる代替医療は高額に思えますが、実際に病院が受け取っている額は標準治療を行っている病院に比べて決して高い訳ではありません。

世界と比べた日本の代替医療の普及状況


なぜ国は代替医療を認めないのか

代替医療は、副作用がほとんどないものも多く、効果も一部の抗がん剤などに比べたら遥かに期待出来るものも存在しています。なぜ、国に認められていないのでしょうか。国に薬剤などが正式に認められるには、開発開始から10年以上は軽くかかります。そしてその費用は、数百億円かかることもざらにあります。製薬会社は時間とお金をそれだけ投資しています。

つまり効果の有る無しに関わらず、大資本の会社が開発したもの以外は、国に認められるのは難しいシステムになっているのです。

日本は代替医療の後進国

アメリカなどでは、三大標準治療に限界を感じて、1990年から国を中心にして代替医療に真剣に取り組んでいます。米議会がん問題調査委員会で「三大療法よりも、代替医療の方が、末期がん患者を救っている」という報告も出しています。代替医療に真剣に取り組んでからアメリカは、がんの死亡者数は年々減少傾向にあります。日本は年々増加しているのとは対象的です。

これだけ明確な結果が出ているのにも関わらず、日本では代替医療を行うと異端児扱いされる方がいらっしゃり、残念なことにもなっています。日本はまだ代替医療の後進国なのです。代替医療という言葉を知らない方が多いのが現実なのです。

代替医療の種類


がん遺伝子医療

ほんの数年前までは、理論が先行して、結果が伴わない治療方法でした。しかし、ここ5、6年で急激に進化してきており、特にここ2年くらいの進化はすさまじいものがあります。

現状の技術でも、これに勝る治療方法はないのではと思わせてくれるくらいです。後数年はすごい進歩を遂げると思うので、近い将来この治療が主流になる可能性まで秘めた治療方法です。10年から20年後には、がんで人が死ななくなる時代が来るかもしれないとすら思っています。

免疫療法

多くのクリニックが取り組んでいる治療方法です。以前は自己の免疫を上げても、がんを異物と認識してくれなかったので、免疫が全然効かないということが多かった治療方法です。しかし、最近は免疫機能にがんを異物と認識させる技術も発達してきて、ある程度の結果を残せる治療方法もいくつか存在しています。

アメリカなどでは、遺伝レベルで免疫にがんを認識させる治療方法が確立されつつあります。白血病などで、驚くべき結果を出しているので、固形がんにも期待されています。

「通常医療の代わりに用いられる医療」という定義

少々分かりづらいですかね?簡単に言うと、皆様が普段接している医療(病院や医院など)以外のアーユルヴェーダや(四千年近く前よりあります)中国医学など、昔からある伝統的なものも含みます。もう病院でも鍼灸を使っていたり、その垣根は少しづつではあるがなくなる方向に行っている。良いことだと思う。良いところを認め合うのが、患者本位の考え方であるからである。

現代医療を認めないとか、伝統医学を認めないとか、代替医療を認めないとか医療人本人のエゴでしかない。どちらも良いところがあるのは間違いないのです。本来は代替医療という言葉自体が見直さなければいけない時代にきている。私のところに来ている患者様のなかにも、病院で治療を受けている方々がいらっしゃいます。喜びの声となっているのは言うまでもありません。

おわりに


世界のがん患者様の40~60%は、様々な代替医療を利用していることが明らかになっています。アメリカでは、1992年に代替医療事務局(OAM)を設け、それ以来急速に代替医療の研究が進み、ハーバード大学、コロンビア大学、スタンフォード大学などの名だたる大学に代替医療の研究センターが設立され、全米トップクラスの病院などにも代替医療を正式な治療のひとつとして取り入れているところがあります。

日本の医師は代替医療の勉強されている方もいらっしゃいますが、知識のない方もまだまだいらっしゃるのです。知識はほぼないにもかかわらず、アメリカの医師の間では当然のように身につけておくべき知識となっています。

欧州各国でも代替医療を推し進めていて、イギリスでは英国王室基金の援助を受けて、RCCmと呼ばれる代替医療に関するデータの構築などを行っています。また、1991年には、英国で代替医療を保険でまかなうことを決めてから、積極的に代替医療に取り組んでいます。ドイツでも同様に代替医療の先進国として、様々な治療に取り組んでいます。

そのいずれの国においても、がん治療に大きな成果を出しており、年々がん死亡者数は減少していっています。がん患者数が年々増加していっている日本においても、そろそろ代替医療に目を向けなくてはいけない時代に突入しているのではないでしょうか。

体験談


代替医療の体験談

K・Tさま

鍼の治療に通わせていただいております。西洋医学だけではなく、東洋医学の偉大なる力を借りて治療することにより、より効果を高め病気の改善を高めていただき感謝しております。

(ステージ4の乳がんの患者様)